FAT32 へファイルを転送する際の High Sierra のバグを修正する方法


Mac OS を High Sierra にアップグレードすると、2GB 以上のファイルを FAT32 でフォーマットされた外部ドライブ、メモリなどに転送することができなくなったという問題を抱えるユーザーが増えています。Mac OS High Sierra のすべてのユーザーが受け取るエラーは、ボリュームのファイル形式には大きすぎるため、ファイルを移動できないというものです。不思議ですね。ご存じの通り、ファイルあたりの FAT32 の制限は 4GBです。

High Sierra の画面

注目すべきは、アップグレード前に、FAT32 へファイルを転送することが不可能であることについて、苦情を訴えたユーザーはいなかったという点です。この手順は簡単で、大した手間もかかりませんでした。では、Mac OS High Sierra では何が問題になったのでしょうか? また、かつてはこのように簡単にやり遂げられたことが、アップグレード後の大部分のユーザーにとって悪夢となったのはなぜでしょうか?

それでは、これらの質問に答えるとしましょう。判明している通りの状況は次のとおりです。Mac OS High Sierra では、Finder を使って、FAT32 ファイルシステムを使用するストレージデバイスに、ファイルあたり 2GB 以上、または全部で 2GB 以上のファイルを転送することはできません。つまり、ファイルのコピーを妨げるのは FAT32 ではありません。Finder のバグであり、Apple もこれを認識しており、現在は問題の修正に取り組んでいます。

この問題の解決策は何でしょう?

Apple がこの問題を解決するために努力している一方で、多くのユーザーがこの問題を扱う最も効果的な方法を見つけようとしています。では、High Sierra にアップグレードした場合の、このファイルを Mac がシームレスに転送する方法とは? 答えはむしろ単純です。この問題を回避するには、サードパーティのソリューションをインストールし、まともで強力な Mac Finder の代替アプリを使うことです。

Eltima Software が開発した Commander One を試すことをお勧めします。このアプリは非常に使いやすく、Finder には欠けている機能が含まれており、そして最も重要な点として、ファイルが 4GB を越えない限り、FAT32 でフォーマットされた外部ドライブ、メモリなどにファイルを転送することができないという問題に直面することはありません。

Commander One のインターフェース

これは、2 パネルインターフェースを備え、完璧な方法でファイルを管理できる便利な Finder 代替ソリューションです。Commander One を使えば、Mac ユーザーは、ファイルやフォルダのコピー、削除、名前の変更、移動、FTP サーバーへの接続、MTP と iOS デバイスのマウント、システム内のプロセスの表示、Google Drive、Amazon S3、 Dropbox のような一般的なクラウドストレージへの接続、コンテンツを抽出せずにアーカイブを検索し、組み込みのターミナルエミュレータのためにコマンドを実行する、といったことが簡単に実行できます。このアプリは、ZIP、7Zip、TBZ、TGZ、RAR(読み取りモードのみ)などのアーカイブ形式をサポートし、さらに多くの機能があるのが自慢です。

Commander One は、Mac 上のファイルを操作する際に一番の選択肢になります。このアプリは、あなたの個人的な好みに合わせて調整することもできます。色のテーマを選択したり、アクションのショートカットを設定したり、必要に応じて表示モードを選択することができます。

Mac OS High Sierra で 2GBのファイルを FAT32 フォーマットの保存デバイスに転送する方法についてまだ疑問がおありですか? Commander One を使えば、この炎上中の問題を忘れることができるでしょう。このアプリを試して、それがどれほど簡単にできるかをご自分で確認してください。

/ / / FAT32 へファイルを転送する際の High Sierra のバグを修正する方法
Commander One
条件: MacOS 10.10+ , 37.36MB サイズ
バージョン 2.3(3105) (6th Oct, 2019) 発売のお知らせ
カテゴリー: Utilities