Macターミナル:重要なポイントと代替ソリューションのリスト

目次


知られているように、OS Xの機能は「システム環境設定」で終わるわけではありません。Macターミナルアプリケーションを使用すると、システムでほとんど何でもできます。この記事では、コマンドラインと、Macをさらに便利に使えるようになるコツをお伝えし、さらに、macOSターミナルエミュレータトップ10のリストをご紹介します。では、参りましょう。


MacOSコマンドラインとは何ですか?

まず、コマンドラインとは何かを理解することが重要です。これは特別なユーティリティで、それを活用してユーザーはOSを操作できます。多くのパラメータを設定したり、複数の機能を開いたりなどができます。もちろん、ほとんどの設定は通常の設定で再現されますが、一部の設定はコマンドラインを使用してのみ実行できます。これは、次の場合に必要です:

  • 通常の設定ではそのようなパラメーターがない。
  • 開かれたユーティリティには、グラフィカルインターフェイスがない。
  • 一度に複数の設定を行う必要がある。

コマンドラインを使用して設定する方がはるかに簡単な場合があります。同時に何十個ものパラメータを設定できます。重要なのは、Macターミナルの動作とそのコマンドを知ることです。


MacOSターミナルを開く方法:6つの方法

Macでターミナルを開きたい場合は、他のプログラムを開くのと同じ方法で、さまざまな方法で実行できることに注意してください。Macコンピューターでターミナルを開く方法の詳細なリストを以下に示します。

1. Finderを使用する

最も直接的な方法は、一般的なプログラムのリストからMacターミナルを開くことです。これを行うには、Finderを開き(常にDockメニューの左側にあります)、左側のメニューで「アプリケーション」を選択し、開くすべてのプログラムのリストで「ユーティリティ」フォルダを見つけます。ここにTerminal.appアプリケーションがあります。それをダブルクリックして開きます。ターミナルが開いています。

2. Spotlight検索バーを使用する

プログラムを開くさらに高速な方法が必要な場合は、MacのSpotlight検索バーを使用する必要があります。これを行うには、CTRL + Spaceバーのショートカットを同時に押しながら、ポップアップウィンドウで「Terminal」という単語の入力を開始します。必要なアプリケーションが表示されます。それをクリックするだけでターミナルが開きます。

3. Dockのプログラムを使用する

前の2つの方法と同様に、これも難しくありません。macOS Dockの右側には、通常、Macにインストールされているすべてのプログラムのリストを開く、アプリケーションフォルダへのショートカットがあります。それをクリックして、ポップアップウィンドウでユーティリティフォルダを開き、次のリストでTerminal.appプログラムを見つけて開きます。それをクリックしてmacOSターミナルを開始します。

4. Siriを使用する

Macでターミナルを開くもう一つの最も簡単な方法は、もちろん、Siriを使う方法です。メニューバーのSiriアイコンを選択するか、アプリケーションフォルダからSiriを開きます。ここで、「オープンターミナル」と言うだけです。それだけです。

5. ターミナルへの迅速なアクセス

ターミナルを頻繁に使用する場合、最も合理的で便利な方法は、プログラムをDockに直接追加することです。そのようにして、ターミナルアイコンがDockの最近のアプリに表示されたら、以下のように行います:

  • CTRLボタンを押したまま、Dockのターミナルアイコンをクリックするか単に右クリックします。
  • コンテキストメニューから「オプション」を選択します。
  • 「Dockに保持」をクリックします。

6. Launchpadを使用する

2つの方法で、LaunchpadからMacターミナルを開くことができます。デフォルトでは、Launchpadには「その他」フォルダがあり、そこにターミナルアプリケーションが入っています。

  • Dockから、あるいはFn + F4キーボードショートカットでLaunchpadを開きます。
  • 「その他」フォルダに移動します。
  • Terminal.appを見つけて開きます。

Launchpadを整理してこのフォルダを削除した場合、別の方法があります。

  • Fn + F4キーボードショートカットでLaunchpadを開きます。
  • 上部の検索バーに「Terminal」と入力します。
  • ターミナルアイコンが表示されたら、それをクリックします。

コマンドラインを使用するには?

コマンドラインは黒いウィンドウで、そこにテキストを入力できます。ほとんどのユーザーはその操作方法をまったく知りません。このユーティリティは特別なコマンドを使用して機能します。これらの各コマンドは、特定のアクションを担当します。他のプログラムを開いたり、構成したりするコマンドがあります。コマンドライン自体の操作に役立つコマンドもあります。


知っておくべき基本的なmacOSターミナルコマンド

1. アップデートの自動チェック

デフォルトでは、OS Xはシステムアップデートとアプリケーションの新しいバージョンを毎週チェックします。自動検証を毎日行うには、ターミナルで次のコマンドを入力するだけです: defaults write com.apple.SoftwareUpdate ScheduleFrequency -int 1

2. 隠しファイルとフォルダを表示する

デフォルトでは、OS Xのすべての隠しファイルとフォルダは、通常のユーザーには表示されません。この状況を修正したい場合は、ターミナルを使用してください: defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -bool true

隠しファイルとフォルダの表示を無効にするには、次のコマンドを使用します: defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -bool false

3. 隠しファイルとフォルダの選択表示

システム内にすべての隠しファイルとフォルダを表示させたくない一方で、隠しファイルまたはフォルダを特定の場所にのみ表示させたい場合は、次のコマンドを入力します:chflags nohidden / Library / specify the path to the desired folder

4. ファイルの内容を表示する

時には、未知の形式のファイルに直面することがあります。それを別のアプリで開こうとすることもできますが、いつもうまくいくわけではありません。次のコマンドを使用して、ターミナルから任意のファイルを調べることができます: $ cat / path / to / file

形式に関係なく、ファイルが開きます。

5. ブラウザなしでファイルをダウンロードする

ブラウザを使用せずにファイルをダウンロードする場合は、次のコマンドを使用できます: $ curl -O specify the URL

これにより、フォルダに入力したURLがダウンロードされます。一部のブラウザは、ファイルがダウンロードされたときに自動的に開こうとしたり、不要なファイル拡張子を追加したりします(特に.txt拡張子以外のテキストファイルで作業している場合)。 $ curl -O specify the URL

6. フォルダの内容をある場所から別の場所にコピーする

もちろん、フォルダのコンテンツ全体を単に「コピーアンドペースト」することもできますが、このプロセスを簡略化したり自動化したりする必要がある場合は、次のコマンドが役立ちます: ditto -V ~ / source / folder / ~ / new / folder /

7. すべてのアクティブなプロセスを表示する

macOSでシステムリソースを監視するための特別なプログラムがあります。これは非常に便利で有益ですが、それと同様に、ターミナルで最もリソースを集中的に使用するプロセスを表示できます。 $ top

8. スリープモードを防止する

しばらくしてからMacでタスクを実行すると、キーを押したりトラックパッドに触れたりしないと、コンピューターがスリープモードになり、プロセスが一時停止します。これは、設定または特殊なユーティリティを使用してこのモードへの移行を禁止することで回避できます。 $ caffeinate -t number of seconds


デフォルトのmacOSターミナルの代わりを探す人々がいるのはなぜですか?

OS Xでは、通常のユーザーは、コマンドラインを使用する必要にほとんど迫られません。なぜなら、ユーザーのニーズのほとんどは、システムのグラフィカルインターフェイスに実装されているものでカバーされているからです。ただし、必要な場合は、デフォルトのMacターミナルアプリケーションで、それに向けたあらゆるタスクに対応できます。ただし、市場に存在するソリューションがそれ1つしかないというわけではありません。より幅広い機能を備えていたり、気の向くままにカスタマイズもできる、他の多くの代替ソリューションを見つけることができます。


最高のターミナルエミュレータMacソリューションのリスト

Commander One

Commander One

Commander Oneは、Mac用のターミナルエミュレータが組み込まれた優れたファイルマネージャーです。このアプリは、クラウドストレージおよびリモートサーバーとの連携をサポートしているため、非常に豊富な種類の機能を提供し、コンピューターとオンラインの両方でデータを簡単に操作できるようにします。Commander Oneには柔軟なターミナル構成があり、ホットキーを使用して開くことができます。このターミナルエミュレータには必要なすべての機能が含まれています。特に、すべてのターミナルコマンドがアプリケーションウィンドウから直接実行できるため、作業中にアプリケーションを切り替える必要がないという大きな利点があります。

長所:

  • 高度にカスタマイズ可能。
  • クラウドストレージ統合。
  • iOS/Android端末のサポート。

短所:

  • マルチリネーム機能がない。
  • ディレクトリの同期機能がない。

ZOC

ZOC

ZOCは、Mac用のTELNET / SSH / SSH2クライアントおよびターミナルエミュレータです。このアプリは、複数セッションのサポート、ロールバック、複数の個別プロセス作成のサポート、フルカラーXtermエミュレーションのサポート、メタキー、VT102、VT220、REXXおよびその他の言語のスクリプトなど、多くの機能を提供します。さまざまなエミュレーションと機能からなる素晴らしいリストにより、セキュアシェル、telnet、シリアルケーブル、モデム/ISDN、およびその他の通信方法を介して、ホストとメインフレームに簡単にアクセスできます。

長所:

  • マウスモードで操作する機能。
  • コマンドの履歴。
  • 自動的に接続する機能。

短所:

  • 唯一の欠点は、無料ではないことです。

MacTerm

MacTerm

MacTermは以前MacTelnetとして知られていましたが、Macソリューションのもう1つの最高のターミナルです。これを活用すると、ローカルとリモートの両方のアプリケーションにアクセスできます。このアプリには、強力なターミナル(タブの有無にかかわらず)、非常に柔軟な設定システム、動的検索、マクロのサポート、フローティングコマンドラインウィンドウなど、さまざまな機能からなる素晴らしいリストがあります。

長所:

  • 高度にカスタマイズ可能。
  • growl統合。
  • セッションマネージャー。

短所:

  • macOS 10.15 Catalinaのバージョンはまだ開発中です。

Terminator

Terminator

Terminatorでは、1つのウィンドウに多くのターミナルを表示できます。このアプリのおかげで、1つのコンソールで多くのターミナルを使用でき、それらをすべて1つのウィンドウで分割したりサイズ変更したりできます。さらに、ターミナルをドラッグアンドドロップして位置を変更できます。このターミナルのmacOSエミュレータには、多くのキーボードショートカットが付属しており、一般的なアクションをすばやく実行できます。Terminatorは、ターミナルとの対話性を高めたい場合や、コマンドラインについてより詳しく知りたい場合に推奨されます。

長所:

  • すべてのターミナルセッションのログを自動的に保持。
  • 水平スクロールのサポート。
  • 便利な垂直スクロール。
  • タブブラウジングのサポート。
  • UTF8のサポート。

短所:

  • ドラッグアンドドロップ機能が正しく動作しない場合があります。

PowerTerm InterConnect

PowerTerm InterConnect

PowerTerm InterConnectは、非常に強力かつ使いやすいMac用のターミナルで、MacのネイティブTerminal.appの機能を最大化します。このアプリケーションは、IBMメインフレーム、IBM AS / 400、UNIX、OpenVMS、Tandem、ANSI、Data General、Wyse、Televideoなど、幅広いホストとメインフレームをサポートしています。さらに、TN3270、TN5250、Microsoft SNA Server、Telnetなど、さまざまな通信モードを介してターミナルエミュレーションを確立できます。

長所:

  • 複数の同時セッション。
  • スクリプト。
  • カスタマイズ可能なファンクションキー。
  • スマートコピーアンドペースト。
  • SSHおよびSSLセキュリティー。

短所:

  • このターミナルアプリMacソリューションは安くはありません。

iTerm

iTerm

iTermには一連の便利な機能があり、Mac用の優れたターミナルエミュレータとなっています。このアプリは、タブ、分割ペイン、構成可能なスクロールバック、オートコンプリート機能などをサポートしています。さらに、iTerm2は1つのタブで無制限の独立したターミナルを提供します。また、当アプリは、デフォルトで全画面表示モードでウィンドウを開く機能を提供していますが、カスタム全画面ウィンドウを使用することも可能です。

長所:

  • オートコンプリート機能。
  • growl統合。
  • 優れたマウスとクリップボードのサポート。

短所:

  • RTLをサポートしていない。
  • 他のアプリと比べて少し遅い。

Kitty

Kitty

Kittyは、Mac用の強力なクロスプラットフォームのGPUベースのターミナルエミュレータです。このアプリは、グラフィックス、Unicode、フォーカストラッキング、括弧など、最新のターミナル機能をすべてサポートしています。

このアプリは、SSHを介してもスクリプトやコマンドラインからシームレスに制御できます。

長所:

  • クロスプラットフォームソリューション。
  • 起動セッションをサポート。
  • スクロールバッファは別のウィンドウで開くことが可能。
  • 超早い。

短所:

  • 構成の動的リロードをサポートしていない。
  • 太字テキストの明るい色をサポートしていない。

Hyper

Hyper

もう1つのクロスプラットフォームソリューションは、以前はHyperとして知られていたHyperです。この小さなターミナルアプリはElectronをベースにしており、おそらく他のターミナルエミュレータMacソリューションと比較して最大の利点と言えます。なぜなら、ウェブ上で実行できることはすべてHyperでも実行できるからです。さらに、Hyperは多数のプラグインをサポートしており、当アプリの基本的な機能を拡張するのに役立ちます。また、複数のタブを作成したり分割したりでき、そこで最新のことが縦横で行えます。結論として、当アプリの最新バージョンはレンダリングにWebGLを使用し始めました。

長所:

  • 構成が簡単。
  • カスタマイズ可能。
  • さまざまなテーマ。
  • さまざまなプラグイン。

短所:

  • 一部のテーマが正しく機能しない。
  • 一部の構成を適用できない。

MacWise

MacWise

MacWiseは、多数の異なるプロトコル、接続モード(シリアル/モデム、telnet、セキュアシェル、さらにはKermit)で動作するように設計された、最小限のMac OSターミナルエミュレータであり、Prism、TV925、VT100、VT220、Viewpoint、Wyse 50、Wyse 60、Wyse 370など、さまざまなターミナルをエミュレートできます。 さらに、必要に応じて当アプリでは、Mac Unix Shellへログインできます。また、MacWiseではファンクションキーも使用でき、必要に応じて調整したり、特別な機能を追加したりできます。さらに、その直感的なインターフェイスにより、MacWiseはかなり使いやすくなっています。

長所:

  • 同時に10個の異なるセッションを実行する機能。
  • 同時に複数のホストを管理する機能。

短所:

  • このアプリは安くはありません。

Byobu

Byobu

Byobuはテキストベースのウィンドウマネージャーで、もともとGNU Screenユーティリティに基づいていたオープンソースのターミナルマルチプレクサです。その目的は、リモートサーバーに接続するときにターミナルセッションで最高のユーザーエクスペリエンスを提供することです。Byobuを使用している間、ユーザーは1つのSSH接続またはTTY端末上でさまざまなウィンドウをすばやく作成して移動したり、それらのシステムに関する多くの重要な統計を監視したり、セッションを切断した後で再接続したりできる一方で、プログラムはバックグラウンドで動作し続けます。

長所:

  • 高度なプロファイル。
  • 便利なキーボードショートカット。
  • 構成ユーティリティ。
  • tmuxおよびGNU Screen用の切り替え可能なシステムステータス通知。

短所:

  • 使用が少し難しく見える。

MacOSターミナル:よくあるご質問

ターミナルは、コマンドラインインターフェイス(CLI)を介してMacの内部作業にアクセスできるアプリケーションです。このアプリケーションは、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)からは利用できない多くの変更をOSに行える機会を提供します。原則として、平均的なクライアントを対象としたものではありません。むしろ、経験豊富なユーザーと開発者を対象とした優れたツールとして機能します。
OS Xでは、デフォルトシェルはbashです。
  • OSでのファイルやフォルダの操作は、ターミナルを使用してプログラムできます。
  • 他のプログラムをターミナル内で実行できます。
  • サーバーでの作業がターミナル経由で実行できます。
  • cat-ファイルまたはフォルダの内容のリスト。
  • cd-DOSと同様に、このコマンドを使用してディレクトリを変更します。
  • cp-ファイルまたはフォルダをコピーします。
  • defaults-このコマンドは、設定で指定されていない設定を変更します。
  • ls-このコマンドは、ディレクトリの内容を一覧表示します。
  • mkdir-ディレクトリを作成します。
  • mv-ファイルまたはフォルダを移動します。
  • nano-ターミナルエディタを開きます。
- ssh-Secure Shellの略で、2つのホスト間に安全な暗号化接続を作成します。
- sudo-これは管理者(スーパーユーザー)権限を提供し、パスワードを要求します。

Commander One

このMac用デュアルパネルファイルマネージ ャーは 完全対応 macOS 10.10 以降に.. 必要条件 45.86MB 空き容量, 最新バージョン 2.5(3295). 発売 14/09/2020.

4.5 ランク 以下に基づく 90+ ユーザー, レビュー (15)
Editor's Choice