クラウド管理:重要なポイントと上位ツール

目次


クラウド管理とは何ですか? クラウドテクノロジーを使用する理由と、Macに最適なクラウドストレージは何でしょうか? それらを把握してみましょう。かつて、すべてのファイルがコンピューターのハードドライブと2、3枚のフロッピーディスクに収まる時代がありました。今日、クラウドストレージの使用率がますます高まっており、非常に素晴らしいディスク容量を無料で提供するサービスが、多数市場に登場しています。それにより、複数のファイルを交換したり、大量のデータを保存したりするために、フラッシュドライブ、ハードドライブ、ケーブルを使用する必要がなくなりました。これらは徐々に過去のものになりつつあります。つまり、信頼性の高いクラウドストレージを使用できる場合は、資料をドロップしたり、外部メディアにダウンロードしたりする必要はありません。


どのユーザーにとっても、クラウドストレージは通常のインターネットサービスです。インターネットに行き、サービスのウェブサイトを開き、ファイルを管理(アップロード、削除、ダウンロード)することができます。しかし実際には、すべての資料とドキュメントはサーバー、つまり、インターネットに常時接続されている強力なリモートコンピューターに保存されています。したがって、最高のクラウドドライブでさえ、リモートサーバー上のただのオンラインストレージであり、それを活用して、ファイル、デジタルオブジェクト、ドキュメントなどのデータを保存、送受信することができます。クラウドストレージサービスを使用する理由はいくつかあります。ローカルハードドライブに十分なスペースがない場合があります。その場合、クラウドを追加のストレージとして使用できます。どこからでも音楽コレクションをブロードキャストしたり、自宅で仕事用ファイルにアクセスしたり、休暇の動画を簡単に共有したりしたい場合など、Macサービス用の最高のクラウドストレージにファイルをオンラインでアップロードできます。では、Macに最適なクラウドストレージは何でしょうか? それは、十人十色です。ほとんどの場合、価格と提供されるスペースを除いて、すべて同じで、大きな違いはありません。そのため、自分に合ったものを決めて選ぶのは、完全にあなた次第です。クラウドストレージを使用するもう1つの理由は、重要なファイルをパスワードと暗号化で保護したい場合です。

つまり、クラウドストレージはバックアップだけでなく、セキュリティにも役立ちますし、さらに、他のユーザーとファイルを簡単に共有したり、携帯電話、タブレット、その他のコンピューターからどこからでもアクセスしたりするのにも役立ちます。


クラウド管理テクノロジーの利点とは?

クラウドを使用すると、一般ユーザーは次の利点が得られます。コンピューター操作はすべて、ユーザーのコンピューター側ではなく、ネットワーク上の強力なサーバー上で行われます。つまり、ユーザーは、自分のコンピューターの技術仕様に欠けているハードウェアやソフトウェア、および各種ツールや手法を使用できます。そのため、自分のPCのパフォーマンスを気にしたり、空きディスク容量について考えたり、バックアップや、あるコンピューターから別のコンピューターに情報を転送することなどを心配する必要がありません。これらの問題やその他の関連する問題は、クラウド管理テクノロジーを使用することで解消されます。

重要な利点は、ライセンスを取得したソフトウェアの購入による節約です。Macに最適なクラウドストレージのテクノロジーを使用する場合、支払いはライセンスに対して行うわけではありません。なぜなら、製品全体を購入する必要はなく、ユーザーが興味を持っている特定の製品のサービス固有の機能のみを購入するだけだからです。さらに、ソフトウェアアップデートのリリースを監視する必要もありません。なぜなら、あなたは常に最新バージョンのプログラムを使用するからです。これらすべての心配は当該クラウドのテクニカルサポート側で処理します。

考慮する価値のあるもう1つの利点は、共有アクセスです。クラウドテクノロジーの活用により、情報への同時アクセスの機会が開かれ、様々なユーザーが色々な端末から同時に情報を見て編集できるほか、様々なユーザーが世界中のどこからでも最愛の人やパートナーと情報を共有できます。


クラウド管理テクノロジーの欠点とは?

ただし、これらの利点がある一方で、欠点もあります:

機密性。 あなたはクラウドテクノロジーを提供する会社側のユーザーデータの安全性に完全に同意します。これはすでに標準になっています。サードパーティのサーバーに個人用メールを保存することに煩わされる人はいません。

常時安定したインターネット。クラウドにアクセスするには、Macユーザーはインターネットへの常時接続が必要です。でも、今のテクノロジーの時代では、これは大きな問題ではありません。

セキュリティ。データの安全性は誰も保証できません(例えば、クラウドの使用時に、Macユーザーにとって、ウイルスとシステムの脆弱性が関係します)。それでも、「クラウド」自体はパーソナルコンピューターよりも信頼できるシステムです。

ソフトウェアのカスタマイズ。ユーザーはソフトウェアに実際にアクセスすることはなく、自分のニーズに合わせてソフトウェアをカスタマイズすることができない場合もあります。


クラウドクライアントマネージャーを使用する理由とは?

過去数年間で、クラウドサービスのユーザー数は著しく増加しました。このソリューションの利便性だけでなく、大手テクノロジー企業によるプロモーションも一役買いました。ですが、これらのサービスのほとんどが無料でクラウドに提供する空きスペースは限られており、多くのユーザーは、何も支払わずに自由に使える空きスペースを増やすために、一度に複数のサービスに登録しています。経済的な理由から、複数のクラウドアカウントを設定しています。そのため、多くのユーザーは様々なクラウドストレージで異なるアカウントを作成しています。これはすべて、特定の不便な状況を引き起こします。例えば、異なるサービス用に複数のアプリケーションをインストールしたり、毎回ウェブ上でそれらを切り替えたりする必要があります。サードパーティの開発者は、1つの場所からすべてのクラウドストレージを操作するための単一のクラウド管理ソフトウェアをリリースすることにより、この問題を解決しました。以下に、上位のクラウド管理ツールを集めました。


最高のクラウド管理ソフトウェアのリスト

CloudMounter

CloudMounter

CloudMounterは最高のマウントソフトウェアの1つで、Macの内部メモリの量を数十倍に増やすことができます。このプログラムのコンセプトは非常にシンプルです。クラウドストレージをコンピューターに接続するだけで十分です。そうするだけで、クラウドストレージをフル稼働できるようになります。CloudMounterは非常に安全かつ包括的なツールで、クラウドサービスとプロトコルが幅広くサポートされています。ご覧のとおり、すべてが非常にシンプルで、接続したドライブをローカルドライブとして使用し、通常のフォルダ内のファイルと同じようにファイルを使用できます。

長所:

  • クラウドデータ暗号化。
  • Macにファイルのコピーを保存する必要がない。
  • 1つのクラウドに複数のアカウントを接続する機能。
  • 高速ファイルアップロードおよびダウンロード。
  • クラウドをワンクリックで接続および切断。

短所:

  • サーバーへのファイルのダウンロードに関するステータスが表示されない。
  • インターネットなしでクラウドに接続する方法がない。

Commander One

Commander One

Commander Oneは、デュアルペインインターフェイスを備えた効率的なファイルマネージャーで、ローカルおよびオンラインのすべてのファイルとフォルダを最も簡単な方法で整理するのに役立ちます。手元に必要な機能をすべて備えているCommander Oneは、最高のクラウド管理ソフトウェアの1つと言えます。このアプリには、Dropbox、Googleドライブ、Microsoft OneDrive、Amazon S3、BackBlaze、Box、および様々なリモートサーバーなど、サポートされているクラウドストレージに関する幅広いリストがあります。

長所:

  • 高度なRegExpファイルシステム検索。
  • ZIPアーカイブのサポート。
  • ファイル操作はキューに入れることが可能。
  • iOSおよびAndroidを実行しているモバイル端末のファイルシステムを接続する機能。

短所:

  • ディレクトリを比較して同期する方法がない。
  • ファイルのグループ名の変更がない。

ExpanDrive

ExpanDrive

ExpanDriveは、クラウドでファイルをダウンロードして管理する最速の方法です。クラウド内のファイルへのアクセスは、MacまたはPCに接続されたUSBドライブへのアクセスと同じです。お気に入りのプログラムから直接ファイルを開いて編集し、リモートコンピューターに保存します。ExpanDriveは、一般的なクラウド管理ツールと同様に、ファイルをバックグラウンドで転送します。これにより、転送が完了するのを待たずに作業を続けることができます。ExpanDriveにはマルチスレッド接続エンジンが含まれており、それによってこのツールは高速で、応答性が大幅に向上しています。このクラウドマネージャーアプリを使用すると、Finderから直接リモートファイルサーバーに安全にアクセスできます。ファイルを送信するためだけに別の転送クライアントを開く必要はありません。

長所:

  • 直感的なユーザーインターフェイス。
  • クラウドファイルとローカルハードディスクの完全な同期は行われない。
  • Windows、Mac、Linuxプラットフォームのサポート。

短所:

  • アプリがクラッシュまたはハングすることがある。
  • 「オフライン」で作業できない。
  • OneDriveのパフォーマンスに関して多少問題がある。

CloudFuze

CloudFuze

CloudFuzeは、パブリッククラウドサービスや企業向けクラウドサービスなど、40種類の異なるクラウドストレージサービス間のシームレスな統合を提供します。ユーザー、端末、コンテンツ、ファイル、およびフォルダのアクセス権を管理、制御、および検証し、それらを一元化されたコンソールで共有できます。このクラウドストレージマネージャーは非常に使いやすく、選択したクラウドプロバイダーにフォルダをドラッグアンドドロップできます。CloudFuzeでは様々な管理機能を安定して整理でき、レコードとアーカイブをそれらが置かれている場所に注意を払うことなく、統合および制御できます。

長所:

  • 同期のサポート。
  • コンテンツ検索のサポート。

短所:

  • 試用期間がない。

MultCloud

MultCloud

MultCloudはウェブサービスで、一般的なクラウドストレージにアクセスし、それらの間でデータを同期するのに役立ちます。このクラウドマネージャーは、最も一般的なクラウドサービスすべてをサポートしています。さらに、それらだけでなく、WebDavやFTPテクノロジーも含まれます。それらのクラウドの1つで一度に複数のアカウントを使用する場合は、自分は幸運であると考えてください。なぜなら、MultCloudを活用することで、それらを組み合わせて1つのポイントからアクセスできるからです。MultCloudのもう1つの明らかな利点は、複数のタイプのファイルのプレビューがあることです。DOC、PDF、XLSファイルが正確にサポートされています。そのため、ブラウザでドキュメントを直接開いて表示できます。

長所:

  • 高度な保護とデータ暗号化。
  • ほとんどすべての種類のファイルを操作する機能。
  • 同サービスの複数のアカウントを接続できます。

短所:

  • 1つの送信ファイルのサイズ制限。
  • デスクトップまたはモバイルアプリの欠如。

TnTDrive

TnTDrive

TnTDriveは、Amazon S3バケットアカウントのみを扱う場合、かなり便利です。なぜなら、このクラウドマネージャーアプリはこのクラウドストレージでのみ機能するように調整されているからです。高度な機能の素晴らしいリストがある一方で、このアプリにはユーザーフレンドリーなインターフェイスがあり、すべてが手の届くところに見つけられ、すべての構成を指一本でパチっと行えます。

長所:

  • 高速かつ効率的。
  • 複数の高度な設定。

短所:

  • 1つのクラウドストレージをサポート。
  • 価格が高い。

DirectNet Drive

DirectNet Drive

DirectNet Driveでは、リモートストレージをローカルドライブとして使用できます。このクラウド管理ソフトウェアを使用している間、ディスク上にあるファイルにアクセスするために追加のソフトウェアを使用する必要はありません。FTPサイトから直接、ファイルをドラッグアンドドロップしたり、動画を視聴したり、お気に入りのメディアプレーヤーで音楽を再生したりできます。ローカルファイルで機能する通常のプログラムを使用します。リモートドライブ上でMicrosoft Wordドキュメントを編集したい場合は、単にドキュメントをダブルクリックして変更し、保存ボタンをクリックするだけです。ローカルコピーを保存する必要はなく、ダウンロードの心配もありません。

長所:

  • 完璧なWindowsエクスプローラーの統合。
  • シンプルなインストール。

短所:

  • macOSはサポートされていない。
  • 速度。

NetDrive

NetDrive

NetDriveでは、通常のローカルドライブの形式でクラウドデータストレージに接続できます。OSのインターフェイスを離れることなく、いつでも同様のドライブに移動して、ファイルをコピーまたはアップロードできます。サポートされるクラウドサービスのリストは非常に大きく、その中でも最も人気のあるものはOneDrive、Dropbox、Googleドライブ、Box.net、Amazon Drive、hubiC、ownCloudなどです。この便利なクラウドクライアントマネージャーのもう1つの利点は、システムリソース要件が低く、リモートファイルストレージをすばやく操作でき、また、プログラム自体に直感的なインターフェイスがあり、管理が非常に簡単です。また、NetDriveは、FTPサーバーにあるデータを操作するための便利なプログラムでもあります。

長所:

  • 通常のドラッグアンドドロップオプションによるデータ転送。
  • コンピューターからの直接クラウドアクセス。
  • バックグラウンドでファイルをアップロードする機能。

短所:

  • シェアウェアプログラム。
  • インターフェイスの設計。

Gladinet

Gladinet

Gladinetでは、サーバー上のファイルやフォルダに、このデータがローカルディスクまたはマウントされたネットワークドライブに格納されている場合と同じように、簡単にアクセスできます。このアプリケーションは仮想ネットワークドライブを作成し、その上に使用可能なすべてのネットワークストレージが個別のフォルダとして表示されます。Gladinetと様々なサービスとの統合により、1つのストレージから別のストレージへのデータ転送が大幅に簡素化されます。このクラウドMacマネージャーでサポートされるウェブサービスのリストには、Google Docs、Google Picasa、Amazon S3、Synaptic Storage、Box.net、Nirvanix Storage、Azure Blob Storage、WebDavなどが含まれます。また、このアプリケーションは、FTPサーバーに保管されているデータとの対話を単純化します。

長所:

  • 便利なタスクマネージャー。
  • マルチテナントの同期と共有機能。
  • 安全なファイル共有。

短所:

  • 価格。
  • 大きなファイルの同期に関する問題。

WebDrive

WebDrive

WebDriveでは、ローカルディスクとしてFTPサーバーに接続し、ファイル操作(ファイルのコピー、名前の変更、属性の変更など)を実行できます。WebDAV、FTP、HTTPサーバー、およびサポートされている幅広いクラウドストレージを使用できます。さらにWebDrive設定で、プロキシサーバー経由で接続を確立できます。また、SSLおよびSSHプロトコルのサポートもあります。この使いやすいクラウドクライアントマネージャーを使用して、お気に入りのストレージをすべて1か所に接続します。

長所:

  • ファイルを自動的に同期。
  • クラウドストレージをよりアクセスしやすくする。
  • 幅広い接続。

短所:

  • Linuxのサポートなし。
  • 高度な設定が過剰。
  • とても高い。

Transmit 5

Transmit

With the release of Transmit 5のリリースでは、このクラウドマネージャーをFTPクライアントと呼ぶのはそれほど正しくありません。ファイル管理をサーバーに転送するためのアプリケーションと呼ぶ方がよりふさわしいでしょう。FTPに加えて、Transmitは、最も人気のある様々なクラウドストレージを含む、膨大な数のデータ転送プロトコルをサポートしています。Transmitで最初に驚くのが、FTPクライアントで利用できる、最もMacに似たインターフェイスの1つを備えていることです。そのため、見栄えがよく、FTPでの作業を可能な限りシンプルで楽しく簡単に行えます。

長所:

  • 超高速スピード。
  • 幅広い接続。
  • MacFuse統合。

短所:

  • 接続タイムアウトが多少ある。
  • 価格が高い。

Mountain Duck

Mountain Duck

Mountain Duckは、クラウドストレージアカウントとFTP、SFTP、またはWebDAVサーバーの管理を簡素化できる優れたアプリケーションで、Finderを使用してクラウドストレージアカウントをローカルボリュームとしてマウントし、ファイルを転送できます。

このクラウドクライアントマネージャーは非常に使いやすく、メニューバーで実行されるため、様々なストレージサービスにすばやく接続したり、接続を解除したりできます。

長所:

  • インストールで管理者権限やシステム拡張が必要ない。
  • すべての主要プロトコルをサポート。
  • 過去のすべての接続の詳細な履歴を表示。
  • Finderによる高速ファイル転送。

短所:

  • アプリが少し不安定な場合がある。

クラウド管理:よくあるご質問

クラウドストレージの原理は単純です。特別なプログラム(クラウドマネージャーアプリ)またはオンラインサービスを介して、コンピューター、スマートフォンなどから特別なストレージサーバーにデータを保存できます。
クラウドストレージはすべて、ウェブインターフェイスからアクセスできます。どの端末からでもアクセスできます。重要なのは、インターネットへのアクセスがあること、またはクラウド管理ソフトウェアを使用することです。
クラウドコンピューティングは、構成可能なコンピューティングリソース(サーバー、アプリケーション、ネットワーク、ストレージシステムなど)の共通プールへのユビキタスで便利なネットワークアクセスを提供するモデルであり、最小限の管理と、プロバイダーとの必要最小限な対話により、迅速に提供およびリリースできます。
  • 機密データや個人データをクラウドに保存するのは最小限に抑える。
  • 強力なパスワードにする。
  • 暗号化ソフトウェアを使用する。
間違いなくどんな情報でもできますが、個人データ、銀行カードやその他の機密データに関する情報は別の場所(USBフラッシュドライブなど)に保存するか、データをクラウドにアップロードする前にデータを暗号化できるクラウドマネージャーアプリを使用することをお勧めします。
あなたが選択した会社のサーバーに保存されます。データセンターはお住まいの州/国の外にある場合があります。
はい、大きく異なります。まず、セキュリティの面です。次に、提供されるメモリの量に関してです。そして、それぞれインターフェイスが異なります。
アクセスできる人を決められるのはあなただけです。必要に応じて、別のフォルダを作成して共有し、誰でもファイルをダウンロードできるようにすることができます。
保護はマルチレベルであるという事実にもかかわらず、詐欺師はそれを乗り越えられます。データを保護する最良の方法は、パスワードで保護されたアーカイブに追加するか、クラウドクライアントマネージャーを介して暗号化することです。

CloudMounter

これはマック用一体型クラウドマネージャーで、 macOS 10.11 以降に完全対応しています。 必要条件 42.91MB 空き容量, 最新バージョン 3.6.611. 発売 04/05/2020.

5 ランク 以下に基づく 58+ ユーザー, レビュー (25)