Total Commanderの完璧なMac用のソリューションは何ですか?

トップチョイス
Commander One 4.5 ランク 以下に基づく 90+ ユーザー, レビュー(15)

目次

Windows OSからAppleプラットフォームに切り替えた後に主にやるべきことは、代替ソフトウェアを探すことです。macOSで快適に作業できるようにするには、作業に役立つ追加のMacソフトウェアを探すことになります。さらに、通常のWindowsプログラムとあまり変わらないことが望ましいです。切り替え時に直面する最も一般的な問題の1つは、Total CommanderのMac用の代替ソフト、つまり、Macコンピューターに保存されているすべてのデータを管理するためのソリューションを見つけることです。Finderと呼ばれるネイティブアプリは優れたファイルマネージャーですが、ユーザーのすべての要件を満たすために必要な機能が欠けています。Windowsでファイルを処理することに慣れている場合は、Total CommanderのMac用の適切な代替ソフトが必ず必要です。

macOSには、例えば、TotalFinder、muCommander、PathFinder、ForkLiftなど、2パネルのファイルマネージャーがたくさんありますが、当社の意見では、Total CommanderのMac用の最高の代替ソフトはElectroniсTeam Inc.が開発したソフト、ファイルマネージャーCommander Oneです。一方で、Commander Oneについてご説明する前に、ファイルマネージャーであるTotal Commanderがいわゆる伝説となり、世界中のユーザーがこの代替ソフトを探している理由を理解しましょう。


ファイルマネージャーTotal Commanderの歴史

では、まず最初に、このファイルマネージャーの作成と開発の歴史について少し触れてから、当初はそこまで良くはなかったこのファイルマネージャーが、どうしてそれほど素晴らしいソリューションに見えたのかについてお伝えします。一般的に、2ウィンドウバージョンのアイデアは、コンピューター時代のほぼ黎明期に実装されました。おそらく一部の読者様はノートンコマンダーをまだ覚えているでしょう。あれは、多くの人にとってDOSのファイルの世界への窓口でした。つまり、このファイルマネージャーから、すべてのプログラム、ゲーム、その他のものが開かれ、また、当時ファイルは、ユーザーによってコピー、削除、置換、および移動されていました。2ウィンドウモードの操作は非常に便利で、マウスを使用してさまざまな操作を実行する必要がありませんでした。なぜなら、対応するホットキーがそれ用に割り当てられていたからです。

Total Commanderがそれを理解できるユーザーから、数多くの熱狂的なフィードバックが呼び起こされている理由は知っていますか? 答えは簡単です。日常の操作(しょっちゅう行う、コンピューター上のオブジェクトやフォルダの保存、コピー、削除、および移動)の時間を節約でき、さらに、2回のクリックで、夢のようなことを実行できます。そして、数十個のタスクを処理する際にファイルエクスプローラーの無力さを確認します。


Total Commander、または以前のWindows Commanderとは何ですか?

まず、ファイルマネージャーTotal Commanderの最初のリリースは1993年にさかのぼります。当時このプログラムには別の名前が付けられており、Windows Commanderと呼ばれていました。このアプリケーションの開発者はスイスのプログラマーのクリスチャン・ギースラー氏です。クリスチャン氏は今日までこのプログラムを更新しています。2002年以降、このファイルマネージャーの名前は、今日知られている名前であるTotal Commanderに変更されました。さまざまなファイルとフォルダを使用して通常のアクションを実行することに加えて、バージョン4以降、新しい利点、つまり、プラグインのインストールとプログラムインターフェイスの変更がユーザーに提供されました。そして、30年以上もの間、そのニッチ市場で非常に堅固に主導的な地位を占めてきました。

この間、Total Commanderの代替ソフトとこのアプリのクローンが多数登場しました(その中には、多くの無料配布が存在するという事実に言及する価値があります)。それらも悪いものではなく、むしろいくつかの場所ではオリジナルを凌駕すらしていましたが、それでもやはり、以下に示す理由により、多くの人にとってオリジナルが理想的です。

主に、それは習慣の力によって決定されますが、そのような活力の主な要因は、このファイルマネージャー用の膨大な数のプラグイン/アドオンの存在でした。それにより、ファイルマネージャーのTotal Commanderを使用して、想像を超えた幅広いタスクを実装することができます。さらに、初心者および非常に賢いプログラマーの両方が、プラグインの中で自分にとって何か面白いものを見つけるでしょう。


Total Commanderは何に使用されますか?

Total Commanderとは文字通り、「全体の制御」または「完全な制御」を得ることを意味します。これがファイルマネージャーTotal Commanderの本質です。つまり、さまざまなデバイスのファイルシステムを管理するために必要です。例えば、コンピューターやリムーバブルメディアを制御したり、アプリケーションを使用してファイルをリモートサーバーにアップロードしたりできます。このプログラムがないとあなたのコンピューターが消えるとは言えませんが、Total Commanderを使用すると、さまざまな操作を実行するのがはるかに簡単で便利になります。

多くの人はこの特定のプログラムを使用し、標準のWindowsエクスプローラーは使用しません。なぜなら、デフォルトではコンピューターが操作を実行するのに長い時間がかかり、Total Commanderはすばやく動作するためです。アクセス権のあるファイルであれば、ほぼ瞬時にコピー、移動、名前の変更、切り取り、貼り付けを行うことができます。あなたのコンピューターは、ファイルマネージャーのTotal Commanderと共に、すぐに整然としたシステムになります。 最初は、このマネージャーを使用するのはあまり便利ではないように思えるかもしれませんが、時間が経つにつれて慣れてきて、それには多くの利点があることがわかります。


ファイルマネージャーTotal Commanderの機能

このプログラムは何ができるのか疑問に思いますか? では、Total Commanderの主な機能についてお話しましょう:

  • ユーザーにとって便利なユーティリティインターフェイス。ファイルマネージャーTotal Commanderのコントロールパネルは2つのウィンドウに分割されており、作業しやすい。
  • このプログラムには、任意のファイルを表示する機能がある。これを行うには、「F5」キーを押します。
  • いわゆる「重いファイル」をカットして収集可能。
  • ファイルをアーカイブにパックして解凍する方法を知っている。ZIP、RAR、ARJ、GZIP、TAR、LZH、ACE、7zipなど多くの形式をサポート。
  • 複数のディスクとFTPなど、任意のファイルでのテキスト検索を含むマルチタスクファイル検索エンジン。ファイルのコピーを検索。アーカイブ内の検索が整理されている。ファイル内の一致するテキストで検索。
  • 「DOS」、「ANSI」/「Windows」、Unicode、UTF-8などのさまざまなエンコーディングを使用して、バイナリ、16進数、またはテキスト形式で任意のサイズのファイルを表示するための組み込みファイルブラウザ。多数の異なるエディタを使用することが可能。
  • Total Commanderはあなたの裁量で設定可能。例えば、設定が多数。
  • ファイルの編集、表示、コピー、および削除のためのキーコンビネーションが多数(いわゆるホットキー)(マウスを使用しない完全なキーボードコントロールが初期化されています)。
  • コンピューター上でファイルを並べ替え。
  • グループ内のファイルとフォルダの名前を変更し、ファイルを削除し、ディレクトリを作成。ドライブCからドライブDなど、あるドライブから別のドライブにファイルを移動。
  • ファイルとフォルダのディレクトリを同期する方法を知っている。

さらに、ファイルマネージャーTotal CommanderはFTPサーバーに接続できるため、あなたのコンピューターとホスティングサイトを接続できます。もちろん、これらはこのプログラムのすべての機能ではありません。ユーザーがよく使用するものだけを取り上げました。


ファイルマネージャーTotal Commanderの欠点とは

原則として、理想的なアプリケーションなどはなく、Total Commanderも例外ではありません。では、そのマイナス面を確認しましょう:

  • 未登録バージョンに対するポップアップがいつも出てきて支払いを促される。
  • サポートは、WindowsまたはAndroid OSでのみ機能。

ご覧のとおり、Total Commanderは、ほとんどすべてのユーザーの要求を満たすように設計された多機能ファイルマネージャーです。このプログラムの機能は、絶えず更新されるプラグインの助けを借りて、さらに拡張することができます。


Commander One-Total Commanderの代替ソフト

では、Total Commanderをざっと見たところで、その代替ソフトであるCommander Oneを見てみましょう。非常に多くのMacユーザー様に、Commander OneはTotal CommanderのMac用の完璧な代替ソフトだと言っていただいております。開いていただくとおわかりになりますが、アプリを起動してそのインターフェイスを見ていただくと、クラシックな2ペインのファイルマネージャーが表示されます。

ファイルを操作する場合、ユーザー様は頻繁にアイテムを移動、コピー、削除するため、このルーチンを実行するにはFinderを2回開く必要があります。

その点Commander Oneは便利です。なぜなら、インターフェイスの2つのパネルにより、異なるディスクやメディア上の特定のファイルの存在をすばやく比較し、それらをあるディレクトリから別のディレクトリに簡単に移動できます。.


デバイスを開くには、いずれかのパネルの上部にある矢印をクリックすると、利用可能なメディアのリストが表示されます。リストからドライブまたはストレージデバイスを選択すると、ボタンをクリックした上のパネルに表示されます。これで、ある場所から別の場所に移動したいファイルをすばやく参照して見つけることができます。それ以外の場合、このファイルマネージャーをインストールしていない場合は、まず2つのフォルダを開いてから、最初のフォルダを参照してから、2番目のフォルダを参照して目的のドキュメントを見つける必要があります。

このTotal Commander Mac用ソリューションの上部パネルにはボタンが10個しかなく、それらはすべて重要かつ必要であり、常に使用するため、すぐに慣れます。これらのボタンは3つのセクションに分かれており、次の役割を果たします:

  • 指定したパネルで表示するファイルのタイプを選択。
  • ファイルアクション:隠しファイル、選択したファイルのプロパティ、フォルダまたはファイル情報を表示し、検索を開始。
  • アーカイブ、FTPサーバー接続、クラウドデータストレージ。

プログラムの下部には、表示、編集、コピー、移動、新規フォルダの作成、および削除という、最も一般的なコマンドを備えた6つのボタンがあります。

ご覧のとおり、このTotal Commanderの代替ソフトでは、マウスを1回クリックするだけですべての主要な機能を使用できます。また、これらの機能にはすぐに慣れます。また、ホットキーを使用してCommander Oneのすべての機能を呼び出すこともできます。それらのリストはアプリケーション設定で使用でき、開発者から提供されているとおり、それらはすべてカスタマイズ可能です。


Commander Oneの機能とは

  • Commander Oneパネルで開いている個々のタブの数が無制限。
  • 操作したいファイルのみをマーク。
  • ファイルの移動またはコピー中に名前を変更可能。
  • ファイル操作のスケジュール。特に時間がかかる操作(大きなファイルのコピーなど)。
  • RegExpをサポートする高度なファイルシステム検索。Commander Oneでは、ファイルがアーカイブにある場合でも、Macのファイルシステム内のファイルやフォルダを検索可能。また、正規表現も使用でき、より正確な検索が可能。
  • コンテンツ検索。お探しのドキュメントの名前を覚えていない場合でも、かなり柔軟な検索設定で、このドキュメントに含まれている可能性のある単語を検索する機会が常にあります。
  • Spotlight検索機能は、高度な検索セクションで使用できます。
  • ZIP、7ZIP、TGZ、TBZ、tar.bz2(tbz2、tb2)、tar.Z、tar.lzmaおよびtar.xz、RAR(オープンモードのみ)アーカイブのサポート。
  • ビルトインファイルビューア(Finderと同様)。
  • クラウドストレージとリモートサーバーのサポート。それらをローカルドライブとしてマウント可能。
  • Android、iOS、およびMPTデバイスをマウント可能。
  • 端末エミュレータ。
  • ルートアクセにより、ファイルやフォルダへのアクセス権を変更することが可能。
  • さまざまなカラーテーマをダウンロード可能。

無料で試す

ご覧のとおり、このTotal CommanderのMac用の代替ソフトには、非常に多くの機能があります。その基本バージョンでは、Commander Oneは完全に無料で配布されておりますが、開発者たちはアプリケーションの拡張バージョンのご購入も提案しております。基本バージョンとは異なり、Commander One Proには、上級ユーザー様向けの非常に便利な機能がいくつか追加されております。

ご存知のように、機能はソフトウェアの不可欠な部分です。ユーザーフレンドリーな正しい一連の機能がなければ、ソフトウェアは役に立たないでしょう。Commander Oneには、優れたファイルマネージャーソフトにあってほしい必須機能がすべて搭載されております。また、機能の数よりも、機能の質が常に優れていることもご留意ください。


結論

お使いのMacにすでにファイルマネージャーがあるのに、なぜファイルマネージャーが必要なのか疑問に思う方も多いと思います。前にご説明しましたように、デフォルトのファイルマネージャーまたはMac Finderは、管理の面ではそれほど詳細ではありません。多くのコア機能がデフォルトでは欠落しており、また、これまでにアップル社は、これらの機能をソフトウェアに追加することについて何も発言していません。一方で、使用できる優れた代替ソフトがあるのは救いです。

Commander Oneは、市場で入手できる最高の代替ソフトの1つであり、また、Windowsに慣れ、Macに切り替えるのが難しいと感じる方にとって、Commander OneはTotal Commanderの最高の代替ソフトです。もちろん、利用可能な選択肢は無数にありますが、適切なものを見つけることは絶対に不可欠であり、Commander Oneはご利用いただける最高の選択肢です。

Mac用Total Commander:よくあるご質問

Commander Oneの最初のバージョンはいつリリースされましたか?

Commander Oneの最初のバージョンは2015年8月4日にリリースされました。このアプリは、開発者が適切であると判断した場合、常に更新されています。

Commander Oneの新機能の提案を送信できますか? 

機能のリクエストやご提案はsupport@electronic.usにご送信ください。当社の開発チームはお客様のすべてのご要望を考慮に入れております。お客様にとって当社のソフトウェアは完璧で便利であってほしいと思っております。

Commander Oneとは?

Commander Oneは2ペインのファイルマネージャーで、基本的なMac Finderにはない安定性と高度な機能を備えております。

Total CommanderのMac用の代替ソフトを検索する人がいるのはなぜですか?

Finderは優れたファイルマネージャーですが、2ペインモードをサポートしておらず、重要な機能をいくつか欠落しております。

Total Commanderファイルマネージャーでは何ができますか?

Total Commanderでは、ファイルで最も一般的な操作、つまり、作成、開く、表示、編集、移動、名前の変更、コピー、削除、属性やプロパティの変更などを実行できます。

Total CommanderはどのようなOSをサポートしていますか?

Total CommanderはWindows OSをサポートし、2011年からAndroid OSのサポートを開始しています。

Total Commander用の主なプラグインカテゴリは何ですか?

ファイルマネージャーTotal Commanderには多くのプラグインがありますが、それらはいくつかのカテゴリに分類できます。つまり:

  • アーカイブ。この目的は明らかです。
  • システム。従来の手段では到達できないディレクトリへのアクセスを提供します。
  • 内部ビューア用。組み込みのビューアまたはクイックアクセスツールバーに特殊なファイルタイプを表示します。
  • 情報提供。その助けを借りて、ファイルに関するすべての情報を見つけ、名前を変更し、タグでファイルを分割し、そのコンテンツに関する情報を得ることができます。
  • クイック検索プラグイン。組み込みのクイック検索のエンコーディングとアルゴリズムを変更して改善します。

Commander One

このMac用のデュアルパネルファイルマネージャーは、MacOS10.10以降と完全に互換性があります。 必要条件 45.83MB 空き容量, 最新バージョン 2.5.2(3329). 発売 25/10/2020.

4.5 ランク 以下に基づく 90+ ユーザー, レビュー (15)